ホーム > 目的・事業案内

目的

日本木造耐火建築協会は、都市における安心・安全な国民生活の実現のため、「木を現した耐火木構造部材」及び同部材使用による「中高層・大規模耐火木造建築」の普及を目的とします。
そのため、協会会員を対象として、木造耐火建築のセミナーや見学会の開催、ノウハウ・構築技術の提供などを行います。
会員相互が連携して木造建築のマーケットを拡大することで、地域産木材(国産木材)の需要増加を図り、森林整備をすすめ、街の賑わいを取り戻す木造都市づくりと相俟って、雇用の拡大、地域経済の活性化に資するものとします。

事業内容

  • 木を現した耐火木構造部材の広報活動・ノウハウ提供
  • 耐火木構造部材の国土交通大臣認定証(写し)、品質証明書等の発行
  • 中高層・大規模木造耐火建築の構築技術の提供
  • 木造耐火建築に関するセミナー、見学会、ノウハウ講習会などの開催
  • 関係機関団体との交流・連携
  • その他本協会の目的を達成するために必要な事業